鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 -“秋”その①- 全町一斉防災訓練に参加しました!

講義科目

10月2日、医療系学生が地域に出かけ、地域の人々に接し、コミュニティの健康について考え、地域に還元することを目標としたセミナー「くろさか春夏秋冬セミナー“秋”」を開催しました。
秋企画第1弾は、全町一斉防災訓練に参加し、①地域の方とともに仮避難所への避難誘導、②黒坂自主防災会と役場が公民館に開設している防災本部、③役場職員による避難所開設訓練及び各自治会が避難、被害状況の確認・報告をされる黒坂小学校体育館の3つのグループに分かれ、見学、体験をしました。
報告完了後は、各自治会単位で防災訓練計画を企画した内容を実施しました。今回、黒坂3区自治会と協働し、「心肺蘇生法、AEDの使い方」、「車イスの介助法と乗車体験」の講習会を実施しました。それぞれ、医学科教員、保健学科教員が講師となり、学生たちも住民の方が体験されるときに、指導サポート役として活躍しました。最後に、避難訓練や講習会について、学生と住民の皆さんがグループワークを行い、「よかったこと」「気づいたことや課題」について、活発な話し合いがなされました。そして、各グループが発表し、共有しました。訓練を体験して初めて気づくことも多く、よかったことだけでなく、課題も見つかりました。この課題を地域で共有し、行政等と連携していくことの必要性を感じました。
秋企画第2弾は、10月30日に公民館まつりに参加し、セミナーの活動紹介・報告をする予定にしています。

受講生のコメント

・地域の方々が自分の意見を積極的に言い合える雰囲気が素直にすごいと感じました。また、普段から地域の行事などをとおして親睦を深めることも、災害時に必要とされる円滑なコミュニケーションには必要不可欠なのだと感じました。

・近所の方の健康状態を把握されており、緊急時には誰を車イスに乗せて誘導するかまで考えられていました。

・地域の絆を感じました。

・地域の方々の防災に対する意識の高さに驚いたと同時に、その姿勢を見習っていきたいと感じました。

・年一回しかない避難訓練での活動でしたが、心肺蘇生法やAEDの使い方について過去何度か講習会が実施されていて、復習もでき、知識の定着につながっていると感じました。

・防災訓練に一通り参加し、行政との連携がとても大切だと感じました。大きな災害となると、食糧、ライフライン問題も生じると思います。そうなると地域の人たちだけでは解決できないため、警察や消防の協力も必要だと思います。そういった体制作りについて、今後しっかりと見直すことも大事だと感じました。

講義の様子

避難警報後、声をかけ合い仮避難所へ避難誘導

避難警報後、声をかけ合い仮避難所へ避難誘導

仮避難所へ集合、被害状況確認・報告

仮避難所へ集合、被害状況の確認・報告

 

教員・学生による心肺蘇生法、AEDの使い方講習会

教員・学生による心肺蘇生法、AEDの使い方講習会

学生指導のもと、地域の方が体験

学生指導のもと、地域の方が体験

 

教員・学生による車イスの介助法講習

教員・学生による車イスの介助法講習

地域の方が実際に介助及び乗車体験

地域の方が実際に介助及び乗車体験

 

地域の方と振り返りグループワーク

地域の方と振り返りグループワーク

グループワーク発表

グループワーク発表

 

春・夏・秋の活動のまとめ、次は…

春・夏・秋の活動のまとめ、次は…

まとめが完成しました!

次は10月30日に公民館まつりに参加し、活動紹介・報告を行います。そこで発表するまとめが完成しました!


関連キーワードから他の記事を見つける

講義科目一覧

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集