鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 学生による企業訪問レポート:株式会社 明治製作所

「学生による企業訪問レポート」 ~鳥取県内企業見学シャトル便~
鳥取大学COC+事業推進室では、学生の皆さんが、稼動中の企業を見学し、良く理解することで、今後の学習や職業選択に役立てて頂く事を目的に「県内企業見学シャトル便」を開始致しました(対象~全学年、全学部)。同行した学生から見た、企業の実態およびOBOGからのメッセージを掲載いたします。

訪問日 2016/11/24
地域学部

訪問先: 株式会社 明治製作所 (創業1936.1.1)
住 所: 倉吉市駄経寺町390
業 種: 輸送用機械器具製造業
事業内容:鍛造から機械加工までの一貫生産体制で、各種自動車・ロボット・工作機械等の鍛造部品を製造。当社のオンリーワン技術にはお客様から高い評価を得ている。

はじめに
 今回、COC+学生コーディネーターとして、最初の企業訪問先である株式会社明治製作所を訪れ、総務部長様、鳥取大学OGの方からお話をいただいた。

会社概要
 当社は、鍛造部品を製造するという技術が求められる業界で、鳥取県が行っているマイスター制度を利用するなどして職人を大切にしながら、お客様の求める「オンリーワン」の製品を作り出し続けている会社である。

お話から
 明治製作所は、自動車産業の構造の中で二次サプライヤーに属していて、その中でもニッチトップを目指している。つまり、どの企業も参入しない分野でオンリーワンの製品を作り出すために、高い技術力がより一層求められる。そこで当社は、社員一人に一つ以上の資格取得を奨励し、プロフェッショナルであるという意識が社員に芽生えることで、企業としての技術力を向上させている。加えて、鳥取県が行っているマイスター制度を利用し、社員の大きな目標作りもサポートしている。こうして当社は他社にはないような「オンリーワン」の製品を高い技術で作り続けることで、特許で製品を守り、信用・信頼で会社を守っている。

OGの方のお話から
 就職に関して、会社選びは各会社の今を見て選ぶのではなく、未来を見つめる事が大切であり、伸びそうな企業、業界を自らの目で選ぶ必要がある。そして、3,4回生になってから就職について考え始めるのではなく、1,2回生のうちから企業、業界を選ぶ目を養うという意味でも就職について考える機会を設けていくべきである。そして企業の中でも、他社にほとんどを依存しているところは、ピンチになった時、立ち直りにくいが、部門毎に様々な会社と協力している企業は足腰が強く、少々のピンチでも崩れにくい。そのため、一つの企業だけを見て選ぶのではなく、その企業同志のつながりにも注目しながら選ぶことが大切である。

OGの方から後輩の皆様へ
 「私は鳥取県が大好きなので、皆さんがもし鳥取県で働いてくださったらとても嬉しいですが、それだけでなく、今という時間を大切にして活躍してください。」


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集