鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 地域就業論 講義録⑲(ファミリーイナダ株式会社)

講義科目

講義概要

鳥取大学では県内産業界への理解促進と職業観・就業意識の醸成を狙いとして「地域就業論」を開講しています。
本講座では地元産業界からリレー形式で講師を招き、各業界の現状やこれからの方向性(ビジョン)のほか、その業界で
働くためにはどのような能力や姿勢が必要か等についてお話いただきます。

1/19(木)はファミリーイナダ株式会社 代表取締役社長 稲田 二千武氏にお越しいただきました。

同社は国内唯一のマッサージチェア専門メーカーにして、国内外シェアトップの世界的リーディングカンパニーです。大学等との産学共同研究を重ね、マッサージチェアにおける「ストレス解消コース」を世界で初めて実現したほか、業界初の戦略「企業向けリース事業」を実施して、メンタルヘルス対策として多数の企業に導入されるなど、注目を集めておられます。

会社名

ファミリーイナダ株式会社

学生へのメッセージ

ファミリーイナダ株式会社 代表取締役社長 稲田 二千武氏

◎世界におけるマッサージチェアのモデル工場~メイド イン 大山を誇りに~

 「弊社の大山工場はAIを搭載した完全自動化ラインを備えており、ロボットにより3,000人分の工数をカバーすることができる。マッサージチェアには多くのプラスチックが用いられており、取り出し・ばり除去などロボットが全自動で行う。組み立てラインでは、自動車製造ラインのようにロボットが自動で判別して専用プログラムにより溶接する。生産計画に基づいて、無人搬送機で倉庫から自動的に搬送されるなど、作業時間は全て管理されている。マッサージチェアに限らない、『日本のモデル工場』を目指していきたい。」

 

 

 

◎社会で成功するために必要なこと~仕事を楽しみ、やりがいを持つ大切さ~

 「私自身、これまで経営をやってきて、色々なことが見えてきた。学生の皆さんもいずれ社会に出た時には、素晴らしい人生を送ってもらいたい。“素晴らしい”ということは実際に社会に出てみないと分からない。『無知は罪を作る』 という言葉があるように、物事を知らなかったということで一生を不幸にしてしまうことがある。皆さんが学問を学んで得た知識は、社会に出た時に大きな力となり、役に立つと思う。

 

企業が従業員に求めているものは、その人の人間性や人格であり、 “真面目で一生懸命にすること”が世の中で一番大切だと考えている。人は職業を必ず持たなければならないが、自分の好きなことを仕事にすることが一番の幸せで、中途半端に職業を選んでしまうと転職を繰り返すことにもなりかねない。楽しく仕事をすることが成功の第一歩になるとともに、志や趣味を持つことで社会でより成長していくことができる。好きな仕事を持って、趣味を楽しむ人生を生きることが最高だと感じる。(美しい人生)

 

社会で成功するには金銭や肩書き、仕事を楽しむといった要素のほか、健康で長生きすることも重要である。仕事にやりがいを感じ、社会責任を持つことで人は長生きする。サラリーマンが定年後に患う病気の要因として、やりがいや予定がなくなることによる精神的な問題が肉体を弱らせていることがあると思う。日本の寿命は世界一であり、介護分野が国家予算の半分を占めている現状を考えると、国として健康なお年寄りを多く増やすことに取り組まなければならない。

 

弊社製品であるマッサージチェア『ルピナス』はここ数年で必需品になりつつあり、いずれは一家に1台マッサージチェアを置いてもらうのが夢である。会社としてはマッサージチェアの製造・販売以外にも、地域の活性化を目的に、米子の国際ファミリープラザやシャトー・おだか、農園レストランなどの運営を通じて、大山の温泉活用や地域の食開発に携わっている。人のため、世のために生きることは人として最高の行為であると考えている。小欲を求めるのではなく、一人よりも多くの人々の笑顔を求めてほしい。大学は夢を作る場所であり、皆さんには是非とも社会で成功してもらいたい。」

 

 

ファミリーイナダ株式会社 社長室室長代理 那須 麻友子氏

◎会社を選んだ理由、今のやりがい

「入社の理由としては、まず何のために社会に出て何をするのかを考えた時、『原点に戻って自分に正直になろう、自分が一番好きなことを仕事にして生きよう』と思った。そんな中、弊社社長の稲田の講演を聞く機会があり、『色々な学びの中で大きなことをしたい、この会社なら何かできるのではないか、自分にも合っているではないか』と感じたことがきっかけ。

 

私自身、現在は大山の温泉ビジネスの支配人を任せられることになり、温泉業のことも勉強している。そのほか、大山工場の規模拡大にも関わっており、やりがいを感じながら、日々仕事に取り組んでいる。

 

何かの役に立つことにやりがいがあると考え、それを十二分に感じられる環境を探し求めて今に至るが、妥協せず、課題を見つけてアプローチしていく姿勢が大事だと思う。」

 

写真左より、ファミリーイナダ株式会社 那須社長室室長代理、稲田代表取締役社長、弓ヶ浜水産株式会社 鶴岡代表取締役社長  

 

 

■ファミリーイナダ株式会社

住所      本社 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-1-3 ソーラ新大阪21  14階

      大山工場 〒689-3224 鳥取県西伯郡大山町高田1220

代表者   代表取締役社長 稲田 二千武

従業員数 450名(うち本学卒業生7名)

業種    マッサージチェアの製造・販売

会社HP  https://www.family-chair.co.jp/


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集