鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 学生による企業訪問レポート:株式会社LASSIC

「学生による企業訪問レポート」 ~鳥取県内企業見学シャトル便~
鳥取大学COC+事業推進室では、学生の皆さんが、稼動中の企業を見学し、良く理解することで、今後の学習や職業選択に役立てて頂く事を目的に「県内企業見学シャトル便」を開始致しました(対象~全学年、全学部)。同行した学生から見た、企業の実態を掲載いたします。

訪問日2017/12/21
編集者 COC+コーディネーター

〇はじめに
 同社を訪問した時、最初に目に飛び込んできたのは、昨年、新設された本社ビルと繋がるモダンな旧館。実は、鳥取大学農学部の前身である“鳥取高農”の建物を改装したものであり、現在、鳥取市の建築文化財でもある。面談はこの建物の中の社員休憩室で行われ、音楽が流れる喫茶室であった。
 応対いただいた地域振興部マネージャーの妹尾様、はじめ鳥大OBの水野様には気さくにご対応いただいた。文系女子学生の訪問グループで、少し敬遠気味のイメージあるIT企業であったが、文系女子でも活躍出来ることが分かり安心した。

 2020年頃までに、その中期ビジョンで「50の地域に1000人の仲間を」と掲げられており、鳥取発のIT企業としてますますの成長が期待されている。自治体と連携した地域イノベーション支援事業や、感情解析研究開発など産官学医の医療連携事業などまさしくITをとおした地方創生のモデルとして、オリジナリティである“らしく”を発展させ地域貢献されていくのであろう。

企業情報

企業名 株式会社LASSIC
企業概要 設   立 2006年12月26日(資本金8,888万円)
従業員数 140名(2017年5月)
業   種 ソフトウェア受託業務、経営・ITコンサルティング業、研究開発
所   在 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
拠   点 9拠点…鳥取(本社)、仙台、東京、大阪、姫路、岡山、米子、広島、福岡~2017年12月:秋田
概   要 ITによる経営支援に加えて、人材活性化による経営支援を目指す会社として「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念に事業展開している。社名であるLASSICは『「らしく」の実現をサポートする』という企業理念から命名されたもの。“らしく”の実現を原動力に鳥取から全国へ展開している。

学生コメント

 

(地域学部:E.Y)

 LASSICさんの職場の仕事のスタイルが印象的であった。2ヶ月間、シーカヤックをしながら仕事をする社員のお話。一般的に女性は1割というIT業界の中で、同社は3割が女性、その内、文系学生が多いなど、「地域貢献活動を通じ、地域に仕事を創造している」との最初の言葉が印象的でした。

 全国9拠点をITで繋ぐ、ネット飲み会でお互いのコミュニケーションが図られている事が印象的でした。ビデオ通信で居酒屋と居酒屋、そして個人宅を結んで同時中継でしながらの飲み会、会社の良い雰囲気、働き安い職場だなというイメージが伝わってきました。

 もう少し時間があれば今後は、実際に職場を訪問し社員の皆さんの仕事姿が見たいと思いました。

 

(地域学部:A.K)

 IT企業でも文系出身の学生も重視されることが分かった。理系、文系、女性、年齢などに縛られず、仕事できる会社であることが素敵だと思った。

 

(地域学部:K.E)

 私は地域学部ということもあり、地域活性化にとても興味がある。ITと言えばパソコンを使う難しそうな職業であり、地域活性化とは無縁なものとの気がしていた。そのため、ITで地域活性化とはどういうことなのかなと、とても疑問があった。しかし、お話から、鳥取には企業があまり無いと消極的なイメージを持たれることが多いが、鳥取から県外各地へ活躍・活動している素晴らしい企業があるのだと驚いた。

 また、同社には多くの若い方が働き、副業も許可されていることが珍しかった。若い世代が減少している鳥取県であるが、この様な働き方が出来るのであれば、鳥取に残り、就職したいと思う若者が増えると思う。今後、この様な企業がどんどん増えれば良いと感じた。

 

(地域学部:S.T)

 建物が鳥取大学農学部の前身ということで親近感が湧き興味が持てた。モダンな建物と雰囲気で、とても素敵な会社だと思った。平均年齢も34歳と若く、人生でやりたいと思っていることが実現しやすい会社だという印象が残った。

 本当に自分のやりたい事が出来るのはとても良いことだ。せっかく鳥取に暮らしているのだから、鳥取らしいことを、鳥取でしか出来ないことをしたいと思っているため、とても素晴らしい会社だと思った。

 文系女子も必要としてくれていることが挙げられていて、就職意欲に結びつくと感じた。

 

(地域学部:Y.K)

鳥取大学農学部の前身である旧建物を再利用していてモダンな感じがお洒落であった。

 IT企業ということで、パソコンだらけの無機質な建物というイメージであったが、カフェの様な休憩場所がある等、全体的に落ち着いた雰囲気があり、また、仕事だけ能力だけを見るのではなく、社員たちの働く環境も整えようとしているのだなと思いとても好印象だった。

 また、IT企業イコール、文系女子である私とは無関係な場所と思っていたが、お話から技術面で言えば機械系の仕事だが、それだけでなく、アプリのデザインを担当する仕事もあり、学部が大きく関係している訳ではないという話に、私でも必要とされるかも知れない、と少し興味を持てた。人生は仕事だけじゃないから、自分の趣味とも両立できる会社であると知り、「新しい!」と感動した。

 文系女子だと関係ないだろうと思っている学生多く、「もっと、こんな所を力として必要としています」と知れる機会があれば良いと思った。


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集