鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 【企業見学シャトル便】①㈱明治製作所 ②気高電機㈱ ③大鳥機工㈱

訪問日 2018/8/9
参加者 工学部学生28名
編集  COC+コーディネーター

公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構と共催し、鳥取大学工学部の学生を対象としたシャトル便(バスツアー)であり、今年度第1回目となるもの。今回は鳥取県中部1社(製造業)、東部2社(電化製品製造業・機械器具製造業)の企業を訪問した。

【明治製作所工場にて】

企業情報

企業名 ①㈱明治製作所 ②気高電機㈱ ③大鳥機工㈱
企業概要 ① 株式会社 明治製作所
【創 業】  1936年1月1日(資本金130百万円)
【従業員数】 352名
【業 種】  自動車・産業機械・農業機械部品の型打鍛造、熱処理・機械加工・金型製作
【所 在】  倉吉市駄経寺町390
【概 要】  同社は今年で創業82年となる製造業では地元トップ企業(倉吉市)であり、自動車や産業機械、農業機械のエンジンやトランスミッションなどの部品を幅広く製造し、大手の自動車メーカーを含む70数社に納品している企業である。昨年3月には、倉吉市大谷に新工場を完成させ、生産体制を従来の月産3000tから3300tへ引き上げた。

② 気高電機 株式会社
【創 業】  1969年6月(資本金4,680万円)
【従業員数】 169名
【業 種】  電気機械器具製造
【所 在】  鳥取市気高町宝木1561-8
【概 要】  大手家電メーカーのOEM,ODMを中心に、商品設計やデザイン、ソフト開発、金型設計・製作、部品製造、組み立てに至るまで一貫した受託事業を行っている。生産拠点を本社と中国(深圳市)におき、小口から大口までのロット生産など、顧客のアウトソーシングの要望に応えている。

③ 大鳥機工 株式会社
【創 業】  1948年12月(資本金100百万円)
【従業員数】 170名
【業 種】  一般機械器具製造
【所 在】  鳥取市南栄町19番地  
【概 要】  同社は、1948年の創業以来、建築金物部門、工作機械部門、繊維機械部門、専用機および半導体装置部門等、それぞれ異なる分野で高い信頼を得ている地元企業の老舗である。

【気高電機本社前にて(左)】  【大鳥機工工場にて(右)】  【就活レポーターとの昼食会(右下)】

学生コメント

《学生からのアンケート結果》~28名回答(県内出身者5名、県外出身者:23名)

〇県内企業への就職について

          (見学前)(見学後)

□働きたいと思う    3名 → 7名 (+4名)

□どちらとも言えない 17名 → 17名 (  0名)

□働きたいと思わない  8名 → 4名 (△4名)

 

〇企業見学の前後で気持ちの変化はありましたか、それは何故ですか

・思っていたより設備が良かった。

・熱い鉄を打つハンマーに圧倒された。

・鳥取にあるというだけで小さいと偏見があったが、いろいろな企業と関わっていると分

かった。

・いろいろな方のお話を聞くことが出来、ちゃんと企業を知ることが出来た。

・見学してみて、その企業に興味を持つことが出来た。

・中小企業の自由な雰囲気が良かった。

・思っていたより鳥取に企業があり、有名なところもあって面白く感じた。

 

〇鳥取県で働きたくない理由はなんですか

・大きい空港で働きたいから(航空整備士希望)。

・自分の地元で働きたいから。

・県内と県外の企業を比較していないため、県外の企業をよく知りたい。

・いろいろな地域に興味があるから。

・あまり魅力的ではなかったから。

・都会へ行った皆が皆、疲れていることはないと言われ頑張ってみたい。

 

〇今後の就職活動に役立つと思いましたか、また、その理由はなんですか。

  □役に立った 27名  □どちらともいえない 1名

・製造業といっても会社毎に違い、今まで漠然としていた会社のイメージが少し具体的に出来た。

・会社で何が求められているのか参考になった。

・卒業後、自分がどのような仕事に就くか、振り分けられるか参考となった。

・現場での働き方を見ることができ有意義だった。

・今やるべきことは、どこに就職しても同じと思うから。

・具体的な仕事のイメージができ、社員の方との交流で働き方が少し分かったから。

・今まで自分で直接企業を見ることがなく、いろいろ知ることができたから。

・会社や社員同志の雰囲気を知ることができ、自分の将来に役立つと感じた。

・工場を実際見ることができ、職場の雰囲気も知ることができた。

・製造業のイメージが前より明らかになった。

・大学で学んでいることが、どのように役立つのか知ることができた。

・地方の機械系卒業者に職場や人間関係について知ることができた。

・企業が実際にどんなものを生産しているのか分からなかったので、現場を見て、体験し、とても役に立った。

・自分の得意・不得意をはっきりすることができ、また、いいお話を聞くことができた。

 

〇就職を考える上で不安に思うこと、知りたいことはなんですか。

・自分の希望する職種が県内にあるのかどうか。

・交通の便と勤務時間の兼ね合いはどうか。

・映画館等なく休日の過ごし方が分からない。

 

〇どうような就職関連イベントに参加したいですか。

・年齢が近い社員との話ができるイベント

・初任給や昇給制度、労働時間

・一度に違った職種の企業を数社見たいと思う。

・地方と都市圏の企業や仕事、特色が分かるイベント

・業種選択の幅を広げられるようなイベント。

 

〇その他意見

・工場内で解説が聞こえなかった。

・トイレ休憩等、少し余裕が欲しかった。

・大きなプレス機械を見て興奮した。

・1年生の時にこのような見学ツアーに参加しておくべきだった。

・とてもいい勉強になり、就職時にもっと広く見て考えていきたい。

・昼食会での話がとても面白かった。

・工場見学のテンポは良かったが、1日3社回るのは大変だと思った。

等々

(以上、参加学生アンケートから)

 

 


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集