鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 地域就業論 講義録②(山陰酸素工業株式会社)

講義科目

講義概要

 鳥取大学では県内産業界への理解促進と職業観・就業意識の醸成を狙いとして「地域就業論」を開講しています。
 本講座では地元産業界からリレー形式で講師を招き、各業界の現状やこれからの方向性(ビジョン)のほか、その業界で働くためにはどのような能力や姿勢が必要か等についてお話いただきました。

 12月13日(木)は山陰酸素工業株式会社 総務課 人事グループ グループ長 岩佐 直弘氏にお越しいただきました。

会社名

山陰酸素工業株式会社

学生へのメッセージ

 弊社は、ガスの卸売り事業者として、グループ全体で山陰各地に12社2組合50拠点で展開している。グループ内で会社を超えた活動も行っており、清掃活動等のボランティア活動などの社会貢献活動も行っている。
 弊社の事業としては大きく分けて2つあり、産業ガスとLPガスに分けられる。産業ガスは工場や病院など、LPガスは主に一般家庭を対象としており、弊社は、ガスメーカーからガスを仕入れ、小売業者や一般家庭などのお客様にガスを届けるという部分を担っている。
 産業ガスは冷凍食品やお菓子の袋の中や、工場での設備などに利用されている。また最近では、リニアモーターカーの技術にもガスが利用されるなど幅広い分野で活用されている。
 一方、家庭用LPガス事業においては、プロパンガス54,000トンを山陰各地に販売している。その他、近年では省エネが重要視されており、ガスを利用した空調システムや家庭用燃料電池等の省エネ商品を販売し、CO2削減にも取り組んでいる。

 産業ガス業界における国内ガスメーカーは、4社でほぼ占められている。また、LPガスについては、輸入に頼っており、海外から輸入している国内企業は4社でおよそ9割近くを占めている状況である。一般にあまり知られておらず、なじみのない企業が多いと思う。みなさんが知らない企業でも国内シェア40%を占めるような企業もあり、色々な良い企業があることを知ってほしい。
また、国内トップのガスメーカーでも世界のシェアは6%程度。欧米の企業で全体の4分の3が占められおり、地方で働いていく場合であっても世界の中で働いていく必要があるという視点を持ってほしい。

 日本、世界の状況は日々変化しており、その影響は地方にもないわけではない。そのことは都会でも、地方でも変わりはない。地方にいたとしても海外へ展開していくこともあるし、地方に根ざしていたとしても、その地方だけで生きている訳ではない。鳥取は地域社会とのバランスがとりやすい地域である。どこで働いていても、世界の流れには必ず関心を持って行かなければいけない。常にチャレンジ精神をもって、どんなところで働くにしてもチャレンジして欲しい。

 

 

 

■山陰酸素工業株式会社
住所  〒683‐8516  鳥取県米子市旗ヶ崎2201番地1
代表者   代表取締役社長 並河 勉
従業員数  316名 平成30年4月時点
業種    産業用・医療用ガス、LPガス・液化天然ガス(LNG)の販売、
電気の販売、ガス関連器材の販売、空調機器の販売、
ガス供給設備設計・施工、住宅リフォームなど
会社HP http://www.sanin-sanso.co.jp/home/

 


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集