鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 地域就業論 講義録④(マルサンアイ鳥取株式会社)

講義科目

講義概要

 鳥取大学では県内産業界への理解促進と職業観・就業意識の醸成を狙いとして「地域就業論」を開講しています。
 本講座では地元産業界からリレー形式で講師を招き、各業界の現状やこれからの方向性(ビジョン)のほか、その業界で働くためにはどのような能力や姿勢が必要か等についてお話いただきました。

 1月10日(木)はマルサンアイ鳥取株式会社 代表取締役社長 兼子 明氏にお越しいただきました。

会社名

マルサンアイ鳥取株式会社

学生へのメッセージ

 弊社は、豆乳、味噌の製造を行っている愛知県にあるマルサンアイ株式会社の子会社になる。「健康で明るい生活へのお手伝い」を経営理念にしており、親会社は味噌会社で唯一上場している。豆乳の需要が伸びている2014年に鳥取県および鳥取市より誘致の話しがあり、翌年には進出を決定し、2017年には生産を開始した。豆乳業界では国内2位のシェアを獲得している。 

 現在は、従業員数55名、平均年齢35.5歳と若い人が多い。社員にはIJUターンも多く、県内大学の卒業、配偶者が鳥取出身の方だけでなく、鳥取に住みたいという鳥取と無縁の人もいる。

 誘致企業として、自治体から補助金をいただくなど事業を行いやすいようにしてもらっており、その分地域に還元をしたいというのが弊社の基本姿勢になる。工場も小学生の社会科見学などを行いやすいように配慮した設計や、鳥取県産の杉を使用している。

 入社して良かったと思える会社、家族や友達に自慢できる会社、地元に愛される会社を目指している。

 

 実際に働いている社員(鳥取大学の卒業生)より現在の学生に向けてのコメントをもらってきた。

・「自分が将来住むかもしれない土地のこと、自治体の支援の状況などをもっと知っておけば良かった。地域によっては奨学金の返済助成制度やIJUターンの制度がある。就職活動中は企業のことで頭がいっぱいになりがちだが、その先にある働いて暮らすことにも目を向けて欲しい。」

・「何を重視するのかは本当に人それぞれ。企業の安定性、給料、休み、福利厚生などたくさんある中で何を重視するのかが固まってくれば、何かを掴むこともできるのでは。」

 

 何を大事にするかは、その時々によって変わってくる。生活すること、お金が欲しい、将来家庭を持って生活したいなど、夢はあってしかるべきで、その時の自分の状況・ライフスタイルを考えて選択すれば良いと思う。

 

 

 

■マルサンアイ鳥取株式会社
住所  〒680-1209 鳥取市河原町西円通寺字畑ケ中81番1
代表者  代表取締役社長 兼子 明
従業員数 49名(平成30年4月現在)
業種   食料品の製造(豆乳)
会社HP https://marusanai-tottori.co.jp/

 


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集