鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 地域就業論 講義録⑪(有限会社ひよこカンパニー)

講義科目

講義概要

 鳥取大学では県内産業界への理解促進と職業観・就業意識の醸成を狙いとして「地域就業論」を開講しています。
 本講座では地元産業界からリレー形式で講師を招き、各業界の現状やこれからの方向性(ビジョン)のほか、その業界で働くためにはどのような能力や姿勢が必要か等についてお話いただきました。

 1月31日(木)は有限会社ひよこカンパニー代表取締役 小原 利一郎氏、お客さまサービス室 井上 真悟氏にお越しいただきました。

会社名

有限会社ひよこカンパニー

学生へのメッセージ

◎代表取締役 小原 利一郎氏  

 

 創業は1人で、ひよこを育てることから始め25年経ち、社員も187人までになった。当初はインターネットも普及しておらず、取れた卵を電話で通信販売していた。今でもお客様とは1対1でのやり取りを大事にしている。そこから農業の6次産業化に取組み、今では国内でも有数のリーディングカンパニーとして、全国から視察が訪れる。鳥取だから出来ないといったイメージはなく、鳥取だから出来ることがある。

 

 たくさんの夢があり、それを実現するために事業を行っており、それを従業員と一緒に実現させたい。夢の一つ目は日本の農業について。養鶏の飼料の99%は輸入に依存しており、それを完全国内産にしたい。地元だけではなく、北海道の農家とも協力している。自分たちのグループだけではなく大手農機具メーカーとシンポジウムの開催も行っている。二つ目は八頭町・大江ノ郷の観光地化について。今は年間30万人の来場があるが、次は鳥取県の人口を超したいといったように、夢を持ちながら事業をしている。廃校となった小学校を農泊施設としてリノベーションするなど、大江ノ郷を農村文化の発信拠点、ハブになるようなものにしたい。最後に3つ目は「日本で一番笑顔の集まる牧場を目指します」を経営理念に、3つの笑顔、お客様、地域、従業員を大切にしたい。会社として出来るだけ自由、緩く、従業員が目標を達成したら何かしらのご褒美があり、楽しめるようにしている。キャリアアップ制度などこれからも色々なことを考え、スタッフが成長することで会社の成長につなげたい。

 

◎お客様サービス室 井上 真悟氏

 

 私は、鳥取大学の大学院農学研究科を卒業し、弊社が6次産業化で地域に貢献している企業のため希望した。自社だけでなく、地域しいては国のためになればと思っている。基本的な業務の他に、YAZUバーガーのプロジェクト、小学校のリノベーション事業を行っている。新入社員がプロジェクトに参加する意味は、人材育成、自由な発想、担い手育成にある。改めて鳥取にも良い企業があることを知ってもらって、県内で働く人が一人でも多くなれば。

 

 

■有限会社ひよこカンパニー

住所       〒680-0414 八頭郡八頭町橋本877

代表者   代表取締役 小原利一郎

従業員数 178名(平成30年12月末時点)

業種    養鶏業、鶏卵販売、食品・洋菓子加工販売製造、飲食サービス

会社HP  http://www.oenosato.com/

 

 

 


関連キーワードから他の記事を見つける

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集