鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

メッセージ

鳥取大学は、「知と実践の融合」を理念に掲げ、地域社会で活躍する人材の輩出や企業・自治体との共同研究及びフィールドワークや学生のボランティア活動など、「教育」・「研究」・「社会貢献」の幅広い分野で地域社会に貢献してきました。

一方、近年、全国的に少子・高齢化が進む中、人口最少県である鳥取県は、中山間地を中心に人口流出が続き、地域コミュニティの存続を危ぶむ状況も散見するようになってきました。特に、鳥取県では、次世代を担う多くの若者が、大学進学及び就職を機に県外に流出しており、大きな地域課題となっています。このため、県内の高等教育機関には、地方創生の観点から、卒業生の地元就職、地元定着の促進に大きな期待が寄せられています。

このような状況の中、鳥取大学は、平成25年度に文部科学省による「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」として「知の発展的循環プロセスの構築による地域拠点整備事業)」の採択を受け、「教育」・「研究」・「社会貢献」で自治体との連携を強めながら、人口減少・少子高齢化に適応した人材の養成や社会づくり及び空洞化した県内産業の再生・成長など、「地域社会に貢献する大学」としての機能強化を図ってきました。

さらに、平成27年度には、COC事業に引き続き、文部科学省より「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」として「学生と社会の相互交流による人材育成・地元定着促進プログラム」の採択を受け、県内全ての高等教育機関が連携し、地方公共団体や産業界、経済界、金融界などとの協働により、教育カリキュラムの改革や学生にとって魅力ある就業の場の創出・開拓等、地方創生の中心となる「ひと」の地域社会への集積に努めています。

今後とも、持続的で活力ある地域社会の創生を目指すCOC+事業への皆さまの一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

中島廣光

鳥取大学 学長

中島 廣光

(なかじま ひろみつ)

鳥取大学と本県は、地域医療、農業をはじめとした産業振興等様々な課題の解決に、ともに取り組んだ歴史を踏まえ、平成25年1月に包括連携協定を締結しました。大学COC事業採択を機に、人口減少、少子高齢化や国土強靱化等の地域課題解決に、地域の知の拠点として鳥取大学の教職員、学生の皆さんに活躍していただくことを期待し、県としても協力・連携を深めながら、とっとりの未来づくりにチャレンジしてまいります。

平井伸治

鳥取県知事

平井 伸治

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集