鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

メッセージ

地域と大学が双方向に活用する関係を目指して

このたび、鳥取大学の「知の発展的循環プロセスの構築による地域拠点整備事業」が平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されました。

大学COC事業は、いびつな年齢別人口構成に由来する社会危機の到来に準備、対応するためのものです。急速な人口減と少子高齢化によって、もともと人口の少ない中山間地域においてその影響は大きく、地域社会の衰退という形で顕在化してきました。現在では、その兆候は地方の都市地域にも広がり、大きな社会問題となっています。

鳥取大学は教育と研究の理念に「知と実践の融合」を掲げ、社会の中核となり得る教養豊かな人材の養成を行い、初等・中等教育、農業、地域産業、地域医療などの多分野で地域のキーパーソンを提供してきました。

今回の大学COC事業では、これまでの大学と自治体との連携をさらに発展させることを目的とし、「地域を活用する大学」と「大学を活用する地域」を謳い文句に、地域と大学が双方向に活用する実効性の高い関係を築きたいと考えています。教育面では、教育カリキュラムの改革、すなわち地域志向型人間力教育プログラムの開発を行い、「地的好奇心」にあふれた活力と実践力のある人材の養成を目指しております。研究面では、知(地)的好奇心フォーラムの開催や地域志向型研究の全学的な展開を行います。これらの教育と研究、両面からのアプローチを有機的に絡め合わせて、人口減少・少子高齢化に適応した社会づくりと空洞化した県内産業の再生・成長を目標にした地域再生の「しくみ」を作りたいと考えております。

この事業には学内外の多種多様な分野の皆さまに携わっていただきたいと願っております。事の成否は人と人の関係にあります。皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

鳥取大学 学長

豐島 良太

(てしま りょうた)

鳥取大学と本県は、地域医療、農業をはじめとした産業振興等様々な課題の解決に、ともに取り組んだ歴史を踏まえ、平成25年1月に包括連携協定を締結しました。大学COC事業採択を機に、人口減少、少子高齢化や国土強靱化等の地域課題解決に、地域の知の拠点として鳥取大学の教職員、学生の皆さんに活躍していただくことを期待し、県としても協力・連携を深めながら、とっとりの未来づくりにチャレンジしてまいります。

鳥取県知事

平井 伸治

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集