鳥取大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進室

地(知)の拠点大学による地方創生事業とは

文部科学省 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業

鳥取大学は、教育と研究の理念に「知と実践の融合」を掲げ、「教育」「研究」「社会貢献」を中心に地域における地(知)の拠点として貢献してきました。

しかしながら、近年、地方と都市部の経済格差や人口の偏在化など、我が国の将来の在り方に関わる様々な問題が深刻化しており、地(知)の拠点として地方大学が地域社会に果たす役割が一層重要になってきています。

このような状況の中、鳥取大学は、文部科学省による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」の採択を受け、平成27年度より5年間にわたり、「学生と社会の相互交流による人材育成・地元定着促進プログラム」を実施することになりました。

「COC+事業」は、鳥取大学を中心に、県内の高等教育機関が連携し、地域社会が求める人材の育成に向けた教育カリキュラムを構築し、地方公共団体や企業等との協働を通して、魅力ある就業の場の創出・開拓と共に、地方創生に資する人材の育成と地域への集積を目指す事業です。

鳥取大学では、これらの事業を推進するため、「地(知)の拠点大学による地方創生推進室(COC+推進室)」を設置し、県内の高等教育機関と共に目標の達成に取り組んでいます。

注:COC:Center Of Community

Education 教育

カリキュラム・講義科目の紹介

Research 研究

各種研究の報告

Support 就職支援

就職支援に関する情報

Event 講演会・セミナー

参加型イベントの紹介

Pick Up Posts

最近の注目記事トップ10

Keywords

キーワードに関連する記事

一般 全学 医学部 地域学部 学生 工学部 教職員 農学部

ボランティア募集